仕事納め、納会での挨拶は1年のねぎらいがポイント 仕事納めでのスピーチサンプル例文


納会・仕事納めでのスピーチのポイント

あれよあれよ、もう年の瀬。今年も残すところ、あとわずかとなりました。

挨拶回りに事務仕事など、来年に余計な仕事を繰り越さないよう、忙しい師走を過ごしているサラリーマンも多いことでしょう。

そんなサラリーマンも仕事納めの年内最終日は納会で締めるところがほとんど。今年一年の労をねぎらって気持ちよく新年を迎えたいものです。

そんな上司としての納会の挨拶は「一年の労をねぎらう」「来年の更なるがんばりを要請」「重ねての労のねぎらい」がポイントになります。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで纏まった納会の挨拶になることと思います。

また、来年への期待はあまり長いようだと、くどくなるので、短めに。あくまで今年の労をねぎらうスピーチにしたいものです。

「時間の使い方」に関する名言

  • 時間を最も有効に利用した者に、最も立派な仕事ができる。(嘉納治五郎 明治~昭和期の教育家)

立派な仕事は、最も有効に時間を利用することによって達成されるということである。

  • 時はその使い方如何によって金にも鉛にもなる。(アンドレ・ブレヴォ フランスの小説家)

同じ時間を上手に利用すれば金のような価値あるものを生み出し、下手に使えば鉛程度の価値しか生み出さないという意味である。時間の使い方の大切さを述べた言葉。

納会・仕事納めでのそのまま使えるスピーチ例文(管理職・上司編)

皆さん、一年間、本当にご苦労様でした。皆さんのおかげをもちまして、わが社の業績もまずまず。無事に新年を迎えることができそうです。皆さんの今年の努力に、まずは心より感謝の意を表させていただきたいと存じます。

来年はさらに厳しい年になりそうですが、皆さんのがんばりをいただきまして、今年よりもさらに実りの多い年にしたいものです。

ともあれ、鬼に笑われないように来年の話はこれくらいにして、本日のささやかな宴で一年間のご苦労をお癒やしの上、来るべき新年を清々しい気分でお迎えいただきたいと存じます。どうもご苦労さまでした。

納会・仕事納めでのそのまま使えるスピーチ例文(一般社員編)

部長、課長、そして皆さん、この一年間、大変ご苦労様でした。仕事納めの挨拶にあたり、僭越ながら、私より一言、ご挨拶をさせて頂きます。

今年を私なりに振り返ってみますと非常に忙しかったという感想ですが、昨年の忙しさとは、少し違ったものを感じます。と言うのも、たしかに仕事は増えるいっぽうで残業も多い、今日もこの会のギリギリまで仕事をしているという我が第一営業部の体質は一向に改善の兆しも見えません。

しかし、この忙しさの中にも明るさがあるというところが例年との大きな違いではないでしょうか?先程、部長の挨拶にもありましたように、売上は昨年比の約30%アップと好調ですし、夏に発表された新製品の受注も急速に増えています。これもひとえに我が営業部が一丸となって行った営業活動の実を結んだ結果だと思います。

来年もこの熱気を冷やすことなく、更なる上昇を目指し、皆さんとともに頑張りたいと思います。正月休みは、できるかわかりませんが、しばし仕事のことを一切忘れて、年始めに向け、英気を養うつもりです。皆さんもどうか良いお年をお迎えください。

以上、簡単ではありますが、仕事納めにあたっての私の挨拶にかえさせて頂きます。