中学校卒業式でのスピーチは未来への激励の言葉が基本。卒業式での来賓挨拶サンプル例文


中学卒業式での来賓挨拶は励ましが第一

中学校の卒業式では、義務教育を終え、新しい未来へ一歩を踏み出す若者への励ましの言葉が中心となります。

これからは、自分で未来を切り開いていくのだという、ファイトにあふれた明るい内容を心がけましょう。ただし、あまり偉人伝的な訓話では、共感させるのは難しいです。偉人を例に取る場合でも、身近なエピソードを選ぶようにしましょう。

また、進学する者と社会にでる者がいる点には十分な注意が必要です。両者の間にわだかまりが残るようなことがないよう、配慮することが大切です。

中学生に対するスピーチでの注意点

中学生に向けたスピーチや挨拶で心掛けたいことは2点あります。

  • 気持ちが浮出つような言葉を随所に散りばめ、高揚感を出す
  • 今後の決意への激励

中学生は感受性の豊かな年齢です。だからといって印象付けようとするあまり、奇抜な話や難しい内容の話は避けたほうがよいでしょう。

あくまでも簡潔で心に響く内容にしたいものです。

中学校の卒業式でのスピーチ構成

  1. 卒業と新しい門出への祝い
  2. 新しい旅立ちへの激励
  3. 健康と健闘への祈り

卒業式でのスピーチは卒業への祝い→新たな門出への激励→健闘への祈りという流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで卒業式でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

それでは中学校の卒業式の例文をPTA代表の祝辞と来賓の祝辞の2パターンに分けて紹介します。

中学校の卒業式でのスピーチに引用したい名言

  • 青春の夢に忠実であれ(F・フォン・シラー ドイツの詩人・劇作家)

青春の時代は様々な夢を持っている。実現可能なのものもあれば、そうでないものもある。その実現の確率を考えては何事もできない。夢の遂行だけを思うべきだということ。

  • 青年のもつエネルギーは、傷つくことを恐れているようでは、何事も成し得ない(田宮虎彦 昭和期の小説家)

がむしゃらに立ち向かう強靭さが青年のエネルギーである。いたずらに臆していては何事も成し得ない。

卒業式での祝辞(PTA代表)、そのまま使えるサンプル例文

本日ここに、めでたく3年間の学業を終了された200名の皆さんに、心からおめでとうと申し上げます。

皆さんは今、長い人生のうちの貴重な3年間を過ごされたこの校舎を去り、ある人は高校へ、またある人は専門学校へ、そして、またある人は実社会へと巣立っていかれるわけです。

それぞれの進路は違っていても、皆さんは○○中学校で学んだ知識、ここで育まれた友情を、さらに深めて、飛躍していってください。

また、校長先生はじめ諸先生がたには、この3年間献身的なご指導を頂きまして、感謝の言葉もございません。どうか今後とも、卒業生の前途を温かく見守ってくださるようにお願いいたしましてPTA代表としての祝辞にかえさせて頂きます。

ありがとうございました。

卒業式での祝辞(来賓)、そのまま使えるサンプル文例1

本日はご卒業おめでとうございます。

義務教育の過程を無事終えられ、より広い世界へと巣立っていかれる卒業生の皆さんに心からお祝いを申し上げます。

本校に学んだ3年間は、短くもあり、また長いものだったでしょうが、その間に学び、体験したことは数多いと思います。それらは、すぐに役立つものではないかもしれません。

しかし、多感な時期のこの3年間に学び、体験したことは、たとえすぐには役立たなくとも、長い人生を送っていく上で大きなよりどころになることは間違いありません。

若い皆さんには、まだ実感としては捉えにくいことかもしれませんが、本校で得た教育が生かされる日が必ずやってきます。私にも、そのような経験が度々ありました。

どうか皆さん、高校へ進んで学業を継続する人も社会人になる人も、そのことを常に念頭に置き、諸先生がたの御恩を忘れることなく、新しい世界へと雄々しく旅立って頂きたいと思います。