高校の卒業式での祝辞スピーチは説教臭くならないことが肝。 卒業式での挨拶・スピーチのサンプル例文


高校卒業式での来賓挨拶は説教じた内容にならないよう注意

高校に入学してから卒業に至る15歳から18歳の心理というのは、半分は大人です。励ましての言葉を言う場合でも、あまり説教的な逸話では、かえって反感をかうことになりかねません。

それでは説教じみた話にならないエピソードや話題はどんなものがあるでしょうか?

高校の卒業式で反感をかわない適当な話題としては、スポーツ関係がよいでしょう。偉人的な内容も敬遠されがちですが、日常的な、自分たち自身の話題として強調するように留意すればうまく行くのではないでしょうか?このように努力したから偉くなれた、成功したという言い方は謹んだほうが賢明です。

また、高校の卒業式では進学組と就職組に分かれることを十分に考慮にいれることが大切です。両者の間にはどうしても感情的なズレがあります。卒業後、すぐに就職する人たちこそ、最も力づけてやらなければならない存在であり、コンプレックスをもったまま卒業していくことのないよう、スピーチの中でも点を配慮したいところです。

高校生に対するスピーチでの注意点

高校生に向けたスピーチや挨拶で心掛けたいことは2点あります。

  • 自分の力で人生を選択することの尊さ
  • 進路を異にすることへの十分な配慮

堅苦しくならず、ユーモアやウィットに富んだ大人のスピーチを心がけたいものです。

高校の卒業式でのスピーチ構成

  1. 卒業と新しい門出への祝い
  2. 前途への祝福と激励
  3. 多幸の祈り

卒業式でのスピーチは卒業への祝い→新たな門出への激励→健闘への祈りという流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで卒業式でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

それでは高校の卒業式の例文を紹介します。

高校の卒業式でのスピーチに引用したい名言

  • もっといい時代はあるかもしれないが、これはわれわれの時代なのだ(J・P・サルトル フランスの哲学者・小説家)

人間は、その生きる時代を精一杯に生きるしかない。もっといい時代が他にあったとしても、その時代に生きることはできないのだから。これは時代だけでなく、置かれた場所についても言えることである。

  • 生きるとは、考えるということである(M・T・キケロ 古代ローマの政治家・雄弁家)

人間は考えるために生きているということ。人間が他の動物と異なる決定的な違いがそこにある。

【卒業式での祝辞(PTA代表)、そのまま使えるサンプル例文】

皆さん、おめでとうございます。

3年前、皆さんは古い木造校舎に、中学生のあどけなさを残したまま入学してきました。満足な体育館もプールもない中で、皆さんは知性を磨き、体力をつけ、たくましい高校生として成長してきました。

そして今、皆さんは鉄筋3階建ての校舎と昨年完成した体育館・プールを備えたこの高校から、新しい一歩を踏み出していかれるのです。○○高校の栄えある卒業生として、皆さんが後輩に残した立派な業績は、きっと後輩たちに受け継がれていくことでしょう。

私達父兄も、皆さんが不自由な環境の中で、それに負けない不屈の闘志の持ち主であったことを、長く誇りとしていくでしょう。社会で、上級の学校で、この高校時代につちかった努力を忘れずに生きていってほしいとおもいます。

【卒業式での祝辞(PTA会長)、そのまま使えるサンプル例文】

皆さん、〇〇高校のご卒業、おめでとうございます。PTA会長としまして、また、皆さんの同窓生として一言、お祝いの言葉を述べさせて頂きます。

厳しい受験戦争を勝ち抜いてこの〇〇高校に入学されて、早くも三年がたちました。皆さんは入学したとき、思い描いた通りの三年間を過ごすことができましたでしょうか。皆さんは、この素晴らしい校舎と設備、そして優秀な先生のおられる高校で、知性を磨き、スポーツで体力を養い、沢山の友人と出会い、たくましい高校生に成長されたようにお見受け致します。皆さんが後輩に残した立派な業績は、〇〇高校の歴史に記され、後輩たちがその業績を受け継いでいくことでしょう。

皆さんは今、友人と別れなければならない悲しみと、将来への期待と不安のいりまじった、大変に複雑な心境だと思います。しかし、その気持こそ、皆さんが成就のまっただなかにいる証なのです。育まれている夢が大きいからこそ、不安もまた大きいですが、その夢を目指して進まなくてはなりません。その夢を実現させるのは自分自身なのです。困難な事が沢山待ち受けていますが、何事も毅然と立ち向かう勇気を持ち、諦めたり挫折をしないでほしいと願っています。

校長先生を始め、諸先生方には、この三年間、献身的なご指導を頂き、感謝の言葉もございません。どうか今後も卒業生の前途を暖かく見守って頂けますようお願い申し上げましてPTA代表の祝辞とさせて頂きます。誠にありがとうございました。

【卒業式での祝辞(来賓)、そのまま使えるサンプル文例】

ご卒業おめでとうございます。卒業生の皆さんの晴れの門出を心よりお祝い申し上げます。

皆さんは今日を境に、それぞれが選ばれた新しい道を進むことになります。上級学校へ進む方もいれば、実社会への巣立つ方もいるわけですが、「高校時代の友は生涯の友」といいますし、「友あり、遠方よりきたる、また楽しからずや」という言葉もあります。