入社式でのスピーチは固くなり過ぎず、くだけ過ぎず。入社式での社員挨拶、サンプル例文


入社式での新入社員への挨拶は説教調にならないように

新入社員にとって入社式は新たな生活への希望と不安、そして緊張で硬くなっているものです。

そんな新入社員に対して、説教調の挨拶は好ましいとは言えません。適度のユーモアを交え、新入社員の緊張を和ませるようなスピーチを心がけたいものです。

そしてはスピーチの内容については会社の理念や基本姿勢、それに広い視野から見た業界の現状や将来の展望といったことを案内的に述べるのがよいでしょう。

くれぐれも精神論的な内容に流れないように注意しましょう。

入社式での挨拶の要点

入社式での挨拶では次の3点が要点となります。

  • 決して説教調にならないこと
  • 他の挨拶者と話題が重複しないようにする
  • あくまでも会社の理念・方針にあった内容を述べる

新入社員は将来、そして会社への希望と不安を胸に入社式に参加しています。前述したとおり、そんな新入社員の出鼻をくじくような説教調の挨拶は避けるようにしましょう。

また、入社式でのスピーチは複数の者が挨拶をするのが通例です。他の挨拶者と内容が重複しないように注意しましょう。

入社式でのスピーチ構成

  1. 入社への祝いと歓迎の言葉
  2. 会社の理念・基本方針の紹介
  3. 入社後の活躍に対する激励

 

入社式での挨拶は「入社への祝い」→「会社の理念や業界動向の紹介」→「入社後の活躍への期待と激励」という流れが一般的です。

表現をなるべく柔らかくし、ユーモアを交えるなど緊張している新入社員を気遣う心がけがスピーチには欲しいものです。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで入社式でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

入社式での社員挨拶で引用したい名言

  • 人は己の最善を尽くすがよい。狭いところに入れられなくても広いところに入れられる。実力ある者は決して世間で捨てて置かぬ(三宅雪嶺「世の中」 明治~昭和期の評論家)

最善を尽くすことが大切だということ。そういうことを続けていれば、必ず世間に認められる日がくるのだと言っている。

  • 大事をなさんんと欲せば、小さなる事を怠らず勤べし。小積りて大となればなり。およそ小人の常、大なる事を欲して、小なる事を怠り、出来がたきを憂ひて出来易き事を勤めず(二宮尊徳 江戸時代の農政家)

つまらない人間は、何かを行う場合、いきなり大きな目標を目指したがるものである。そしてどうしてもうまくいかないと嘆く。何事も出来やすい小さなところから始めるべきだということ。

入社式での社長挨拶、そのまま使えるサンプル例文1

皆さん、入社おめでとうございます。

フレッシュでバイタリティにあふれる皆さんを我が社に迎え入れることができ、私をはじめ社員一同、心より嬉しく思っております。

パナソニックの創始者 松下幸之助が残した「事業は人なり」という言葉があるように、会社の盛衰を左右するのは、人材であることは間違いありません。そんな中、皆さんのような優秀な人材が入社することは我社にとっての潜在能力が向上するということでありまして、今日以後、皆さんのご活躍を大いに期待しております。

学生時代とは異なる環境に最初は戸惑いを覚える方もいるかもしれません。しかし、一日も早く会社に溶け込み、皆さんの実力を存分に発揮していただきたい。

当初はいくら努力しても、その努力がなかなか陽の目を見ないこともあるでしょうが、日々の努力の積み重ねこそが大きな実りと必ずなります。ですから、今、皆さんが抱いている希望とやる気を失い事無く、前進していただきたいと思います。

皆さんのご健闘を願って、私のご挨拶といたします。

入社式での社長挨拶、そのまま使えるサンプル例文2

新入社員の皆さん、入社おめでとう。さて、本日は新入社員をお迎えするにあたり、皆さんに期待することについて3つのお話を致します。

一つは「プロフェッショナルになれ」ということです。皆さんは十分に当社を研究されてこられたものと信じています。沢山の商品や業界の奥深い専門知識、具体的な仕事の進め方について、先輩から徹底的に、しかも早急に吸収してくkださい。複雑な仕事を覚えることが「プロになる」ということです。

二つ目は「世の中の変化を素早くキャッチし、分析する能力を持て」ということです。これだけのスピードで毎日新しいものが生まれ、国際的にも極めて重要な出来事が続々と起きています。こうした動きに、我々は素早く、柔軟に対応する能力を持たなくてはなりません。

三つ目は「夢をかなえる想像力を持て」ということです。プロの仕事というものは、豊かな想像力と、それを実現する能力です。時代の動きに敏感に反応するには、常に新しいものにチャレンジしていかなければ、業界をリードできません。

皆さんにとって、これから巡り合う仕事や人を通じて、いくらでも自分の能力を伸ばすことができます。自分自身をダイナミックに育てて頂きたい。今日は皆さんにとって、新しい門出の日です。よいスタートをきり、魅力ある企業人になるように、元気でがんばってください。

入社式での管理職挨拶、そのまま使えるサンプル例文

入社おめでとうございます。

皆さんにとって今日という日は、我が社の一員としてだけではなく、一社会人として出発する記念すべき日でございます。その日にやる気に満ちた皆さんにお会いすることができて大変嬉しく思っております。

当社の理念や方針などは、社長のご挨拶にありましたので、私は皆さんの先輩として、一日でも早く仕事に慣れていただくためのアドバイスを申し上げたいと思います。

まず、皆さんには社会人としての自覚を持って行動してほしいと思います。自立した一人の人間として自覚を持てば、自然と仕事は身につくはずです。

次に、会社は個人の能力もさることながら、チームワークが大切です。一人では到底できそうにないことでもチームなら達成できます。

とはいっても、会社に入りたての皆さんは、右も左もわからないでしょう。そのようなときは迷わず、先輩社員や上司に相談してください。一日でも早く、当社の雰囲気に慣れ、活躍して頂きたいと思います。

入社式での先輩社員挨拶、そのまま使えるサンプル文例1

皆さん、ようこそ我が○○会社へ。今年も優秀な新入社員を迎えることができて非常に嬉しく思っています。

緊張している皆さんを見ますと、私も自分の入社式の時のことを思い出します。テレビなどでは今どきの若者の心は昔とずいぶん異なっているなどと言っておりますが、それほど、今も昔も大きく変わっているものでもないと私は思います。

若輩の私達はもちろんのこと、社長でさえも、社会人1年生のときには、自分の仕事と将来への可能性に対して、希望と同時に不安を感じて、ちょうど皆さんと同じように緊張していたはずです。

でも、皆さん、不安を感じる必要はありません。皆さんがこれから一人の社会人として成長していくためには、まず会社自体が成長する可能性とその実力がなくてはならないのですが、我が社にはその2つがあると、私は自信を持って断言できるからです。

皆さんは様々なことに心を惑わされずに、とにかくまっすぐ私達の職場に飛び込んできてください。そして一日も早く職場に慣れ、積極的に仕事に取り組み、皆さんがこれから生きるビジネス社会の空気を吸ってください。大いに期待しています。

入社式での先輩社員挨拶、そのまま使えるサンプル文例2

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。本日は、新しい仲間として皆さんをお迎えできますことを、大変うれしく思っております。

思い起こせば三年前の私も、今の皆さんと同じ、緊張した面持ちで社長をはじめ先輩方の激励や歓迎の言葉に耳を傾けていたものです。しかし、三年経った今、業界をリードできるプロフェッショナルになれたかというと、疑問が残るような気が致しますが、ここで皆さんに、早くプロになれるアドバイスがあります。

それは、新人に求められているのは、若さとチャレンジ精神です。若さには、吸収する能力と豊かな発想力、何事も恐れない行動力にありますが、はじめからプロ意識は持たないで、先輩から様々なことを謙虚に、早く九州して、会社が求めるプロ人材になって頂きたいということです。

もう一つは、若さゆえに簡単に失敗することがありますが、失敗を犯したら二度と同じ失敗はしないと肝に銘じることです。そして、一日にひとつの新しい経験を確実に自分のものにするという、強固な精神を持つことです。それは人との出会いかもしれませんし、上司からのミスの指摘かもしれませんし、正確なコピーの取り方かもしれませんが、正確に確実に自分のものにしてください。

皆さんが一日も早く成長し、一人前のビジネスマンとして活躍できるよう、これからの分きに期待して、私の歓迎の挨拶とさせて頂きます。