入社式での新入社員代表スピーチは型通りの挨拶が無難。入社式での挨拶サンプル例文


入社式での新入社員代表挨拶は謙虚な気持ちで

入社式は新入社員にとって社会人のスタートラインと言えるでしょう。

そんな入社式での新入社員代表のスピーチは新人らしく謙虚な気持ちで挨拶するのが基本です。会社側の心づかいに感謝し、社会に入りたての初々しいビジネスマンらしい仕事に対する自覚と決意を力強く述べるようにしましょう。

そのため、奇をてらった内容は避け、あくまでも形式通りのスピーチが無難と言えます。

入社式での新入社員代表挨拶の要点

入社式での新入社員代表の挨拶では次の3点が要点となります。

  • 若々しいフレッシュな趣で
  • 謙虚な気持ちで全面に
  • 決意と自覚を力強く語る

入社式での新入社員代表スピーチの構成

  1. 謝意の表明
  2. 仕事に対する自覚と決意
  3. 援助や指導の要請

入社式での挨拶は「式開催への謝意」→「仕事への自覚と決意」→「先輩社員への援助や支援の要請」という流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで入社式でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

入社式での新入社員代表挨拶で引用したい名言

  • 人の行ふべきかぎりを行ふが人の道にして、ことのことの成ると成らざるとは人の力の及ばざるところぞ(本居宣長 江戸時代の国学者)

なるべきことをするのが人間で、それが成功するかどうかは人間の力の及び所ではなく、神の知るところなのだということ「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があるが、それと同じ趣旨である。

  • 生きるための職業は、魂の生活と一致するものを選ぶことを第一とする(阿部次郎「三太郎の日記」 大正・昭和期の評論家・哲学者)

魂の生活とは、自らそこに価値を見いだし、生きがいのある仕事という意味であろう。しかし、実際に、今の仕事に価値を感じている人は少ないはずである。

入社式での新入社員の挨拶、そのまま使えるサンプル例文1

本日は私どもの新入社員のために、このような盛大な入社式を開催くださいまして、誠にありがとうございます。新入社員を代表いたしまして、心よりお礼を申し上げます。

また、社長をはじめ役員、諸先輩がたより、心温まる歓迎と激励のお言葉を頂戴いたしまして、私達新入社員は深く感銘を受け、こんなにすばらしい会社の一員になれたことをうれしく思うと同時、決意を新たに引き締まる思いを実感している次第でございます。

とは申しましても、私どもはようやく社会人の一員として第一歩を踏み出したばかりの未熟者でございます。今後何かと足手まといになったり、ご迷惑をおかけしたりすることも多々あろうかとも思います。

私達も、今日の感激を胸に、早く○○会社の一員として大いに仕事に励むつもりでございますので、どうか諸先輩の皆様、よろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。私ども新入社員の決意と覚悟の一端を申し述べ、はなはだ簡単ではございますが、謝辞とさせていただきます。

入社式での新入社員の挨拶、そのまま使えるサンプル例文2

社長をはじめ先輩の皆様から、私ども新入社員に対して温かいご指導のお言葉を頂き、感激にたえません。

私どもは物が溢れ豊かな時代に生まれ育ったので、「温室育ち」「鍛え方が足りない」などど揶揄されますが、果たして本当かどうか、社長をはじめ先輩の皆様に試して頂きたいと思います。勿論、私どもは、皆様の期待に必ず応えられるという確信を抱いております。

微力ではありますが、私どもの持てる力を十二分に発揮し、また引出して頂きまして、会社の発展のために最大限、努力する決意であります。

以上、入社式にあたりまして、新入社員を代表し、簡単ながら、感謝の言葉と致します。

社会人としての準備は済みましたか?

新人ビジネスマンの皆さん、足元まで気を配っていますか?スーツはビジネスマンにとっての戦闘着ですが、ビジネスシューズは戦闘着を支える戦闘靴。ビジネスマンとして、まずチェックされる最重要なポイントです。

新入社員でも最低限のビジネスシューズを用意しましょう。