幼稚園・保育園の入園式での挨拶はとにかく楽しく。入園式でのスピーチサンプル例文


幼稚園・保育園の入園式での挨拶は元気よく

幼稚園や保育園は小さな子供たちにとって、初めての集団生活をする場になります。しかし、まだまだ幼児。お母さんから離れることを嫌がる園児も多数いることでしょう。

また、何から何まで子供たちにとっては初めてのことばかり。そんな入園式での挨拶は明るく元気よくありたいものです。

これから過ごす幼稚園や保育園は楽しいところなんだと子どもたちをワクワクさせるような挨拶を心がけましょう。

幼稚園・保育園の入園式での挨拶要点

入園式での挨拶では次の3点が要点となります。

  • 子供たちが退屈しないように挨拶も工夫しましょう
  • 楽しくワクワクするような話題で、子どもたちを励ましましょう
  • 子どもたちにわかるようにゆっくり大きな声で話しましょう

たくさんの人が集まる入園式は子どもたちにとって初めての体験ですので、子どもなりに緊張しています。

そんな緊張がほぐれるように楽しい話題を話すようにしましょう。そして、子供たち全員にわかるようにゆっくりと大きな声で語りかけるように話しましょう。

子どもたちに退屈をさせないコツは子供たちに返事をさせることです。挨拶などを呼びかけて、元気よく返事や挨拶ができたら、しっかり褒めたり、励ましたりして子供たちに達成感を与えるようにしましょう。

幼稚園・保育園入園式でのスピーチ構成

  1. 挨拶
  2. 幼稚園・保育園が楽しい所であることの紹介
  3. 子どもたちを褒めて締めくくる

入園式での挨拶は「挨拶」→「幼稚園・保育園の紹介」→「話をきちんと聞けたことを褒める」という流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで入園式でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

幼稚園・保育園の入園式での挨拶(園長先生)、そのまま使えるサンプル例文

○○幼稚園の新しいお友達の皆さん、おはようございます。私が園長先生の鈴木陽子先生です。陽子先生ですよ。よーく覚えてくださいね。みんなも自分のお名前を大きな声で言えるかな?

この幼稚園には、園長先生の他にも9人の先生がいます。みんな優しくて面白い先生ばかりですよ。ほうら、あそこに立っている先生たちが見えるかな?みんな優しそうでしょ?

幼稚園はとっても楽しいところです。みんな広場は見たかな?ブランコもあるし、滑り台もあるし、お砂場もあるんだよ。幼稚園はね、遊園地みたいに楽しいところなんですよ。ほら、お友達もたくさんいますよね。みんなのお名前を早く覚えて仲良く遊びましょうね。

はい、園長先生のお話はこれでおしまい。みんな、先生のお話を最後まで静かに聞けたね。ありがとう。

幼稚園・保育園の入園式での挨拶(来賓)、サンプル例文1

○○保育園の新しいお友達の皆さん、そしてご父兄の方々、ご入園おめでとうございます。

今日からみんなは、この○○保育園の園児さんになりました。きのうまでと違って、今日からみんなは毎日この○○保育園に通ってきて、優しい先生やお友達といっしょに、お遊戯をしたり、お歌を歌ったり、遊んだりして過ごすわけです。

さきほど、園長先生が、みんなに、お話されましたように、保育園ではみんな仲良く、そして先生のいうことをよく聞いて、元気に明るく過ごしてください。

ご父兄のかたがた、特に初めてのお子さんが入園なさった方々は、さぞかし心配でしょうが、この○○保育園は園長先生をはじめ、先生がた皆さんが幼児教育のプロフェッショナルばかりでございます。どうかご安心ください。

それでは、みんなが楽しい保育園生活を過ごされることを願って、私の挨拶といたします。

幼稚園・保育園の入園式での挨拶(来賓)、サンプル例文2

皆さん、入園おめでとうございます。今日のお日様に負けないくらい元気なお顔が揃いましたね。

明日から、みんな一緒にお歌を歌ったり、ゲームをしたりして遊びましょう。お庭にあるブランコやすべり台もみんなで使います。おうちにいるときより少し、守らなければいけないお約束が増えるかもしれません。でも、困ったことやわからないことがあったら、優しい先生が助けてくれるから大丈夫。楽しいことを沢山見つけてくださいね。

お父様、お母様、本日はおめでとうございます。父母の会では、子供たちにとって何が良いことなのかを先生方と一緒に考えて、協力しながら実行していきたいと考えております。ぜひ積極的にご参加くださるよう、お願い致します。簡単ですが、これを父母の会からのお祝いの言葉と致します。

幼稚園・保育園の入園式での挨拶(保護者代表)、サンプル例文

今日、〇〇幼稚園に入園した田中凜の父でございます。父母を代表して、一言ごあさつ申し上げます。園長先生をはじめとした先生方、また職員の皆様に温かく迎えていただいて、とてもうれしく思っております。これからお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

3月の準備保育を終えてから、今日の日を指折り数えて、楽しくに待っておりました。初めての集団生活に少し不安と緊張を感じていますが、先程から先生方の子供たちへの優しい笑顔を見て、ああ大丈夫だなと、安心しているところです。

悲しい思いや、悔しい思いもするでしょうが、そんなことも成長していく上でのエッセンスの一つとなってほしいと願っています。

親子ともどもわからないことだらけです。何かとご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうぞよろしくご指導くださいませ。

本日は本当にありがとうございました。

入園のお祝いにおすすめなプレゼント

幼稚園生、保育園生になった子供におすすめのプレゼントを紹介します。

リュック

遠足のとき、敷物やお弁当を入れるリュックは必需品。アウトドアブランド「アウトドアプロダクツ」のキッズ用リュックはカラーや柄のバリエーションが豊富なので、どんな子供できっと好きな柄が見つかりますよ

図鑑

幼稚園や保育園に入園すると、行事などでより季節を感じる機会も増えます。「きせつの図鑑」は、季節の行事や暮らしについての理解を深めることができる図鑑です。

子供が疑問を持ったときには答えがわかりやすく記されているので、家庭に一冊あると重宝しそう。イラストが豊富なので、パラパラと眺めるだけでも楽しめますよ。入園から小学校低学年頃まで長く使える一冊です。

小型えほんボックス

絵本は子供へのプレゼントの大定番。「バムとケロ」シリーズは細かい描写と独特のキャラクター、漫画のようなコマ割りに、何度も読み返したくなる絵本で大人気。

トランク型の箱には「バムとケロのにちようび」をはじめとした4冊の小さい絵本が入っています。お出かけにも、読み聞かせにもぴったりですよ。