就任歓迎会での昇進祝いの言葉は「共にがんばろう!」がキーワード 就任・着任歓迎会でのお祝い挨拶サンプル例文


昇進祝いのスピーチは歓迎と期待がポイント

サラリーマンは昇進という階段を一歩一歩登っていき、その階段の立ち位置によって遂行する業務の内容も異なってきます。

昇進がもたらす責任と引き換えに給料も上がるわけですから、昇進の話題は自ずと会社で中心となり、社員は当然、昇進を目指すわけです。

そんな昇進を果たした人へのスピーチは優秀な人材が部署に就任することへの歓迎と期待、そして着任者を中心に一体となって部課を盛り上げていくという内容が一般的です。

就任歓迎会での挨拶の要点

新たな昇進者の就任歓迎会でのお祝いの挨拶では次の3点が要点となります。

  • 優秀な人材であることを全面に押し出しましょう。
  • 新任者のもとで結束して頑張る決意を表明しましょう。

就任の歓迎会は部内や課内といった、いわば仲間内で行うことが多いかと思います。そういった場合は、形式ばったスピーチより、普段の言葉遣いのままのほうがリラックスした雰囲気がでてよいでしょう。

就任歓迎会でのお祝いスピーチ構成

  1. 祝意の表明
  2. 手腕や業績を称える
  3. 健闘と活躍への祈り

歓迎会での挨拶は「祝意表明」→「就任者の能力や業績の紹介」→「健闘と活躍への祈り」という流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで歓迎会でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

就任歓迎会でのお祝いスピーチで注意したいこと

一口に歓迎会といってもその形は公式、非公式と様々です。とくにこうしなければといったルールはありませんが、最低限、次のことだけは注意したほうが良いでしょう。

  • 前任者のことを引き合いにださない
  • 大げさなお世辞は言わない

着任歓迎会での引用したい名言

  • 人々が賢明になればなるほど、ますます、彼らは腰を低くして、他人から学ぼうとする(R・ベーコン イギリスの哲学者)

真に賢明な人は謙虚である。自らが人より優れていると思うなら、何よりも人に対して控えめでなければならない。

  • 泰山は土壌を譲らず、故に能く其の大を成す。河海は細流を択ばず、故に其の深きを就す(「史記」 中国古代の歴史書)

泰山は、どんな土でも受け入れたから、あのように大きな山となった。河や海はどんな細い水の流れでも受け入れるから、あのように深くなったのである。心の広い人は、どんな人の意見でも、いいものならば、取り入れるものだということ。

  • 天下最も多きは人なり、最も少なきも人なり(黒田如水 戦国時代の武将)

この世には人はいくらでもいるが、人材という観点からすると極めて少ないことを言ったものである。適材適所という言葉があるが、人材とは単に有能であればいいということではない。それぞれの職種に適した能力を求めるという点で、それが人を得るのを難しくしている。秀吉の参謀、黒田官兵衛の言葉。

昇進祝い挨拶(上司の祝辞)、サンプル例文

斉藤君、人事課長就任おめでとう。心よりお祝い申し上げます。

企業にとっての人事の重要性は私から改めて強調するまでもないことです。会社内のどの業種、部署でもそうであるかとは思いますが、「企業は人」という言葉もあります通り、企業組織にとって人材を適任適所に配置し、組織運用をスムーズにすることが後々の業績につながることは間違いのないことです。

斉藤君は我社に入社以来、一貫して人事畑を歩いてきたこともあり、組織の難しさを十分に理解し、その手腕を発揮してきましたのは皆さんも知っての通りかと思います。実を申しますと私が人事部長に就任してからも、その手腕を買われ、他部署から何度も「斉藤君が欲しい」という要請がありましたが、私としては優秀な部下を手放すわけにはいかず、強硬にお断りした次第です。

その斉藤君が、課長の地位につかれたことは、私にとっても誠に喜ばしい限りです。

斉藤くん、本当におめでとう。今後もその手腕を存分に発揮してがんばってください。これまで以上の活躍をしてくれるものと期待しています。

就任歓迎会のお祝いの挨拶(部下代表)、サンプル例文

斉藤課長、ご昇進おめでとうございます。

係長時代のご活躍からして、いつ課長になられるのかと思っておりましたが、この度の人事異動でそれが実現し、部下としましてもこんなにうれしいことはありません。

様々のプロジェクトでリーダーとして能力を発揮してこられた斉藤課長ですが、その統率力が会社に認めれ、更にそれが有効に発揮できるポジションが与えられたことは斉藤課長のもとで働いてきた一員として本当にうれしく思うとともに、会社もやっぱり見るべきところはしっかり見ているんだなと、感じ入った次第です。

生意気なことを言って申し訳ありませんが、これで私達も一層、意欲的に仕事に励むことができます。斉藤課長も、これからますますその指導力を発揮され、若輩者の私達を遠慮無く叱咤されて、目指す道へ導いてくださるようお願いいたします。

本当におめでとうございました。

就任歓迎会で転勤上司を迎えての挨拶、サンプル例文

上田課長、東北支店へようこそいらっしゃいました。こちら、仙台に着かれた感想は如何でしょうか。転任してこられたばかりで、まだお疲れも残っていらっしゃるかと存じますが、東北支店着任を歓迎して、一席もうけさせていただきました。

こちらに来られてまだ雪が残っていることに驚かれたのではないでしょうか。確かに東北の冬は厳しいものです。しかし、この雪が解ければ、深い緑につつまれた春そして比較的涼しい初夏から夏、そして紅葉の美しい秋とさわやかな季節が待っております。上田課長も、きっとこの仙台の街を気に入ってくださるものと思っております。

営業マンとして東京、大阪、金沢、福岡と全国を股にかけた上田課長のご活躍話は、ここ東北支店にも届いております。その上田課長がこの東北でどのような手腕を振るわれるのか、私どもは楽しみにしておりますとともに、必ずや上田課長のお役に立てるものと信じております。

私達一同、上田課長とともに新たなスタートとしてがんばってゆく所存ですので、これからのご指導、ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

ともあれ、、はじめての顔合わせでございます。このあと、一人ずつ簡単な自己紹介をさせていただきますので、今日のところは、旅の疲れを癒やし、ゆっくりとご歓談ください。今後とも宜しくお願い申し上げます。