就任の挨拶は信頼関係の大切さを改まった口調で。管理職着任の謝辞・スピーチのサンプル例文


着任の挨拶は信頼関係をテーマに

昇進に伴う就任や着任の挨拶は初対面の場合も多いので多少は改まった形で挨拶するのがよいでしょう。また、前任者の功績を称えることは組織の人間としてもマナーです。必ず、述べるようにしましょう。

挨拶の内容としては部や課、プロジェクトなど組織をまとめる立場に就くのですから、お互いの理解を深めること、そして信頼関係を重要視していることを中心にしたいものです。

就任歓迎会での挨拶の要点

就任や着任の挨拶では次の3点が要点となります。

  • 自分の思っている素直な抱負を述べよう。
  • お互いの相互理解のための協力を要請しましょう。
  • 前任者のこれまでの功績を称えましょう。

就任早々に自分の実績を述べ、「私に付いてきなさい」といったような挨拶は控えるべきですが、自分の抱負や目標を素直を語ることは抑えておきたいポイントです。

就任歓迎会での謝辞構成

  1. 歓迎会開催へのお礼の言葉
  2. 決意と覚悟の表明
  3. 協力の要請

歓迎会での挨拶は「会のお礼」→「決意と覚悟の表明」→「協力の要請」という流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで歓迎会でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

就任・着任の挨拶で引用したい名言

  • よい種をまけば必ずよい実がなる。最善を尽くせば必ず報いられる(樫尾忠雄 カシオ計算機元社長)

非常にポジティブな言葉。企業活動のさまざまな場で引用できる。

  • それ民、別ちてこれを聴けばすなわち愚、合わせてこれを聴けばすなはち聖(「管子」 中国古代の政治論書)

民衆というものは、一人一人を個人としてみる愚かかもしれないが、これが一つの考え方でまとまった時は偉大な力を持つものだということ。組織が力を発揮する条件を示したものと言える。

  • 素人か玄人かは其仕事に対する作者の打ち込み方の相違だ(志賀直哉 大正・昭和期の小説家)

江戸時代から職人気質というものがあった。彼らは自らの腕を磨き、日本一を目指した。その勤勉さの哲学が近年の日本経済を支えている。

昇進者の就任歓迎会での謝辞、そのまま使えるサンプル例文

今回の人事異動で、はからずも人事課長にご指名いただきましただけでも身に余る光栄でございますのに、本日はかくも盛大な歓迎会を開いていただき、まことにありがたく、お礼の申し上げようもございません。

この度、人事課長という大任を仰せつかったのですが、諸先輩方に比べますと、私などはようやく企業における人事の仕組みがわかりはじめた程度の若輩者。このような私ごとき未熟者に、はたして管理職としての人有を全うできるものかどうか、いささか不安を覚えている、ちうのが正直のところでございます。

一般的に課長というのは、トップと一般社員の間に挟まれて苦労が絶えないと言われますが、わが人事部ではそのような心配はいらないものと思っております。幸い、気持ちの若さとやる気だけは無くしていないつもりでありますので、皆様のご指導とご援助をたまわり、精一杯の努力をいたしたいと思います。

今後も、これまでどおりのご厚情をよろしくお願い申し上げて、はなはだ簡単ではございますが、、お礼の挨拶とさせていただきます。

本日は本当にありがとうございました。

就任・着任の挨拶、そのまま使えるサンプル文例1

この度、人事異動でシステム開発部第一課の課長を命ぜられました斉藤です。一言、ございさつさせて頂きます。

鈴木前課長がシステム開発部長に就任されまして、私が後任として課長のポストに就くように申し渡されました。これまでは一人のエンジニアとしてプロジェクトの管理を行って参りましたが、これからは、第一課全体の開発活動の舵を取っていかねばなりません。

正直、その責任の重大さに身の引き締まる思いで一杯です。そしてそれと同時に、私にそのような大任が務まるのか不安を感じております。しかし、皆さんのお力添えをいただき、これまで以上に我が社の発展のためにがんばる決意でおりますので、どうぞよろしくお願い致します。

前第一課長は皆様、ご存知の通り、幅広い分野でリーダーシップを発揮できるかたでしたが、私にはすぐにそのような真似ができるわけがございません。しかし、一歩ずつ前課長に近づけるよう努力したいと思っております。

課長という現場に一番近い管理職の任を命ぜられましたからには、より広い視野を持って開発業務に携わっていきたいという覚悟がございます。どうか、皆さん、ご協力のほど、よろしくお願い致します。

就任・着任の挨拶、そのまま使えるサンプル文例2

この度、製品企画課長を命じられました佐藤でございます。今まで、ずっと営業畑を歩いてきたおかげで、ここにいる皆さんとは普段より、営業活動をする上で協力を頂いたかたばかりですので、私も幾分、緊張しておりますが、それと同時にホッとしております。

いうまでもなく、製品企画課はわが社にとって、最も重要なセクションといっても過言ではありません。ましては最近は製品のコモディ化が進み、製品に差別化ができないと激しい価格競争に巻き込まれ、会社の収益に多大な影響がでますので、お客様のニーズを掴んだものをすばやく製品化することが期待されております。

そのような職場で、私のような微力な者がどうしたら役に立てるだろうと考えてみました。そこで、私は管理職の立場を超えて、皆さんと一緒に考え、行動行くことから始めたいと思います。個人の能力を再断言に活かし、ひとりひとりの意見を尊重し、つねにベストなものを求めていく、製品企画課をそんな活気あふれる組織にしたいと思っています。

就任したてで、皆さんにとって何かと不都合なことも多いでしょう。しかし、どうか遠慮なく指摘してください。お互いに納得のゆく仕事ができる職場にしていきましょう。先輩も後輩もお互いに意見を交わして、製品企画課を盛り上げ、会社の成長に大きな力を発揮したいと考えています。

皆さん、どうぞ宜しくお願い致します。

緊張せずにスピーチするために

なぜ、私たちは過度にあがったり緊張したりするのか。また、普段の生活の中で、対人関係からストレスを溜めこんだり、イライラしてしまうのか。
その原因を明らかにし、20年以上、極度のあがり症に苦しんできた経験のある著者が、研究し、実践し、探究してきた本当に効果的な方法を伝授する。


あがらずに話せたら…と思ったことはありませんか?
・大勢の前だとオドオドして目が泳いでしまう
・人の輪にいても盛り上がる話題が思い浮かばない
・意見を求められると頭が真っ白になってしまう
・相手が黙りこむと話に詰まってしまう

こんな悩みをもっているあなたが、もう気後れせずに人の輪にとけこめる!

100人以上の前でもラクに話せる人が密かにやっている
一瞬で「あがり」から脱出する秘密のテクニックを伝授!