新郎新婦、共通の友人なら、なれそめを披露するのはいかが? 結婚披露宴での友人スピーチのサンプル例文


はじめに

小学校や中学、高校からの親友。お相手も同級生でよく知った仲なら、出会いのエピソードを披露宴で紹介するのはどうでしょう?

お互いになんでも話せる友人だからこそできる、暴露風の内容。ユーモアを交えて生き生きと、そして楽しくスピーチできれば、きっと参列者たちも当時の状況がイメージできるでしょう。

注意したい点

楽しいエピソードも棒読みでは、台無しです。当時の思い出がよみがえるように話せるよう、しっかり練習しましょう。

また、いくら親しい仲とは言え、今日は親友の人生で最も幸せの時となる大事な日です。行き過ぎた暴露話など、新婦のイメージを損ねるような内容は絶対に避けましょう。

親友・幼なじみの結婚スピーチに引用したい名言

  • 友人というものは、ただ黙って向かい合って座っているだけでも、自ずと心が暖められる(高見順 昭和期の小説家)

真の友人とは心が通じあっているから、黙って座っているだけでも心が暖められる。それと、友人の場合は、愛の確認の言葉を発する必要もない。

結婚祝い おすすめプレゼント

ワイン好きな友人ならきっと気に入ってくれるはず。二つのハートが印象的なワインオープナーとボトルキャップがセットになったギフトです。

生花に特殊な加工を施した枯れないお花、ブリザードフラワー。造花と違って、生花そのものの質感や色合いがおすすめです。

親友・幼なじみの結婚披露宴でのスピーチ、サンプル例文

幸子、本田君、今日は本当におめでとう。昨日の夜はなんだか自分のことのように嬉しさがこみ上げて眠れませんでした。本日、めでたくこの日を迎えたわけですが、実のところ、今日という日は長年の親友である私がいたからこそ、迎えられたといっても過言ではありません。

自分の決めたことは決して曲げない幸子には中学時代から振り回されてきましたので、今日は仕返しに幸子の素顔を暴露してしまおうと思います。

二人の出会いのことです。それは忘れもしない高校を入学したばかりの春。二人で一緒に帰ろうと校門に向かっていたのですが、その途中、グラウンドでシュート練習をしている本田君に一目惚れしてしまったのです。私の横で固まっている幸子の目は完全にハート型。人が恋に落ちる瞬間を見たのは後にも先にも、この一度きりですが、本当にハート型になっていたのです。

皆様ご存知の通り、新郎の本田くんは我が校のエースストライカーでした。女子の間では憧れの的で当然、ライバルも多くいました。そんな本田君に幸子が気持ちを打ち明ける日がやってきたのは高校2年の学園祭の時でした。私達のクラスはお好み焼き屋をやることになったのですが、幸子はエビやら牛肉やら、超豪華なスペシャルものを一枚焼き、紅しょうがをハート型に飾って彼に渡すチャンスを待ちました。

ラッキーにも彼がたまたま一人で歩いているのを見つけましたので、「幸子、チャンス!」と興奮して振り返ると彼女はすっかり固まっているではありませんか。うんともすんとも動かない彼女から私はとっさにお好み焼きを奪い取り、本田君に差し出しました。私も夢中でしたので、なんと言って渡したのかよく覚えていませんが、「あそこで固まっている幸子の気持ちです」なんて言ったのかもしれません。

あとから聞いた話ですが、実は本田くんも幸子がずっと応援していたことは知っていたそうでして、結局こうなる運命だったのだと思います。

あれから9年、いろいろなことがあったね。それでもこうやって二人が結ばれて、私は本当にうれしいです。幸子、本田君、どうぞ、いつまでもお幸せに。