結婚退職者の送別会での挨拶は明るく祝福する気持ちで 送別会での挨拶・スピーチのサンプル例文


結婚退職する女子社員へのスピーチは良い思い出話を

退職社員の送別会というのは寂しさからどうしても暗い雰囲気になりがちです。しかし、結婚を契機に会社を辞める女性社員の送別会の場合は、話は別でしょう。

結婚を理由に退職する社員の送別会はどちからというと祝福会のような雰囲気になるのが一般的です。この喜ばしい契機をより一層、祝福するためにスピーチの内容は在職時の良い思い出だけを語り、成功、そして幸せを祈る内容が好ましいでしょう。

送別会での挨拶の要点

結婚退職者の送別会での挨拶では次の3点が要点となります。

  • 寂しさは表面に出さずに明るく祝福しましょう。
  • 現在の仕事に関する話題は避けましょう。

過去の楽しいエピソードを散りばめ、今後の幸せを祈り、素直に結婚を祝福しましょう。また、理由はともあれ、さっと行く人の前です。現在の仕事の話題はくれぐれも避けましょう。

送別会での挨拶のスピーチ構成

  1. 今までの貢献に対する謝意
  2. 在職中のエピソードの紹介
  3. 結婚に対する祝意と多幸の祈り

送別会での挨拶は「貢献への祝意」→「在職中のエピソードや労の労い」→「結婚の祝福」という流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで送別会のスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

結婚退職者送別会での挨拶に引用したい名言

  • 女はよき夫をつくる天才でなければならない(H・ドゥ・バルザック フランスの小説家)

妻の役割を述べた言葉である。すべての妻が天才になれないとすると、だめな夫にする妻のほうがずっと多いのだということになる。

  • 愛の光なき人生は無意味である(F・フォン・シラー ドイツの詩人・劇作家)

どんなベテランにも新人の時があった。その時は何ともわからず不安な気持ちであった。一心に何もかも吸収しようと必死になっていたはずである。そのときの貪欲に求める心、これを持ち続けなければならないという言葉である。

  • 結婚をもっとも素朴な数式に還元すれば、一と一とが合して二となる代わりに、新たなる一となることである(野上弥生子「夫と妻」 明治・昭和期の小説家)

結婚は一プラス一が一となる。つまり、二人が協力して新しい生活を営むのが結婚の本質である。

結婚退職者へのおすすめプレゼント

お祝いにはシャンパンを。お酒好きの人にピッタリな贈り物、ヴーヴ・クリコのギフトセットです。イエローラベルは、まさに、ヴーヴ・クリコ社の味とスタイルを代表するもので、上品な口あたりでエレガントで繊細な世界的に有名なシャンパン。魚介料理によく合い、日本でも大人気のシャパンです。

料理の手間が劇的に減ると大人気のフードプロセッサーセットです。普段よく使う「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」の4つの機能を簡単に使いこなせるので、 毎日気軽に、ひと手間かけたお料理が楽しめます。

結婚退職の送別会での挨拶(幹事)、そのまま使えるサンプル例文

我が部署のマドンナ、佐藤博子さんが今月の10日を持ちまして結婚のため、退社されることとなりました。我々、男性社員にとっては非常に残念、無念という思いで一杯ですが、この度、結婚されるということであれば、いたしかたありません。

本日は祝福の気持ち込めまして、ささやかではありますが、歓送会を用意した次第です。男性諸君、もう決まってしまったこと、今更、時すでに遅しなのですから、心のなかでいくら泣こうとも、笑顔でお送り頂きたいと思います。

残される男性陣のことはさておき、佐藤さん、ご結婚おめでとうございます。

佐藤さんは戦場に咲く一輪の花のような我が部署に華やかさをもたらす存在だけではなく、営業マンとしても抜群の力を持った方であり、今回の佐藤さんの退社で我が部署は相当な戦力ダウンを強いられるわけでして、寂しくもあり、残念でもあります。と言っても我々が引き止める道理もございません。佐藤さん、長い間、本当にご苦労様でございました。

お話によりますと、結婚後は専業主婦としてご主人のサポートに全力を尽くすそうでして、佐藤さんなら、なんの心配もありませんが、良き妻として内助の功を発揮され、良い家庭を築いていただきたいと思います。我々一同、佐藤さんの今後の多幸を心よりお祈り申し上げます。

結婚退職の送別会での挨拶(上司)、そのまま使えるサンプル文例

今朝、私が出社した時、いつもどおり誰よりも一番早く出社している佐藤さんから「おはようございます」と挨拶をされた時、自分の娘が嫁いでいった日を思い出し、胸がジーンといたしました。

また、親バカと言われるかもしれませんが、我が部署からまた一輪の美しい花が消えることを思うと、いつも通りとはいかない朝でした。私は今、まさに二人目の娘を嫁がせる親の心境でございます。うれしさ半分、悲しさ半分の複雑の心境です。

この祝福すべき時に寂しいなどと言っては上司としての面目もありませんが、我が部署にとって佐藤さんは重要な戦力でありましたので、素直に「おめでとう。旦那さんのもとへいってらっしゃい」と言えないのが、私の率直な思いです。

実のところ、結婚後のこの職場に残って欲しいとお願いしたのですが、結婚後は家庭に入られる決意が固いようで、きっぱり断られました。日頃の仕事ぶりからも意思の固い方でしたので、もうくどくど申し上げません。

佐藤さん、どうぞこれからは旦那さんと力を合わせて幸せな家庭を気づいてください。私達全員が佐藤さんの多幸を祈っております。

結婚退職する女子社員へのスピーチ(同僚)

佐藤博子さん、ご結婚おめでとうございます。

博子さんが私に結婚の予定を話してくれたのは、7月頃なのですが、その時、結婚退職すると聞いて、私は大変慌てたものです。と言うのも博子さんは私達の部署では欠かせない優秀な人材ですので、博子さんが抜けてしまうことはとても残念であると同時に、その穴を埋めるのがとても大変なことだからです。

ですので、私は博子さんの上司でもなく、誰に頼まれた訳でもありませんが、結婚後もなんとか仕事を続けるように随分と説得しました。しかし、博子さんは一度自分で決めたことは決してブレない人ですから、なかなか承諾してくれませんでした。まぁ、そもそも会社と博子さんの幸せは天秤にかけられるものではありません。

けれど、本日までの凛とした姿で仕事をする様子や、博子さんのテキパキとした仕事の引き継ぎを見ていますと、「あの時は諦めたけど、やっぱり、もうちょっと粘って説得すればよかったかな」などと、今さらながらも残念に思っているのが正直な気持ちです。

何事にも全力投球の博子さんのことですから、これからは家庭での仕事に専念したい、そんな気持ちはよくわかります。しかし、それにしても、そんな博子さんと結婚される男性は幸せですね。どんな男性か、披露宴で会える日を楽しみにしています。

博子さん、長い間、お疲れ様でした。健康には十分注意してお幸せに。