晩婚の友人へのスピーチは大人らしいユーモアを交えて。 結婚披露宴での短めの友人代表スピーチのサンプル例文


はじめに

世の中の風潮として結婚の晩婚化が進んでいることもあり、それに伴い、30代や40代のカップルの結婚披露宴も多くなっています。

そんな大人同士の披露宴でのスピーチを頼まれたら、やはりこちらも大人らしいユーモアに富んだスピーチをしたいものです。

例えば、二人が晩婚であるがゆえに、早々に結婚してしまった自分自身を悔やむような内容のスピーチをユーモラスに話すなど、熟年であることをユーモアに包んで言葉にするもの、大人らしい雰囲気のスピーチになるかと思います。

注意したい点

ある程度、経験を重ねた同士の結婚式ですから、若者のような勢いに任せたスピーチは避けましょう。

硬すぎず、くだけ過ぎない。大人らしいユーモアを交えながらも、落ち着いた大人らしいスピーチを心がけましょう。

晩婚カップルの結婚スピーチに引用したい名言

  • らしく・・・・・というのはいい言葉だよ。誰でもその人らしく振る舞えばいいのさ(中山晋平 大正・昭和期の作曲家)

個性を重視した言葉である。自分の個性を隠したり抑えたりすることなく、それを伸ばし明らかにするのを勧めている。

  • 一に一を加へて億とす。これ根気なり(後藤新平 明治・大正期の政治家)

一つ一つを積み重ねて億という大きなものに成し遂げることのできるのは、根気である。根気さえ失わなければ、大きな生花が得られるのだということ。

結婚祝い おすすめプレゼント

ワイン好きな友人ならきっと気に入ってくれるはず。二つのハートが印象的なワインオープナーとボトルキャップがセットになったギフトです。

生花に特殊な加工を施した枯れないお花、ブリザードフラワー。造花と違って、生花そのものの質感や色合いがおすすめです。

晩婚カップルの結婚披露宴での短めのスピーチ、サンプル例文

鈴木さん、桜子さん、本日は本当におめでとうございます。私は新婦の長年の友達であります佐藤と申します。

本日めでたく鈴木桜子さんとなられた新婦、いつもは桜ちゃんと呼んでいるのですが、彼女とは前職で知り合ってから、もうかれこれ10年以上の飲み友達です。桜ちゃんの結婚は我々飲み仲間の中では大変センセーショナルなニュースでした。コンサルタントである彼女は、バリバリのキャリアウーマンとして我々を含め、様々な人達の信頼を集めていますが、、このような美しい顔立ちをしながらも何故か独身を続けていたからです。

正直言って、私などは、お二人が羨ましくて仕方がありません。今、これから結婚生活をスタートさせるわけですから。、私のようにいいかげん古くなり始めた頃にまだまだアツアツのムードでいられるし、お互いに思慮分別をわきまえた大人のいい関係でいられるに違いありません。

どうか、いつまでも仲良くお暮らしください。そしては、これからはご夫婦揃って、杯を交わしましょう。