中途退職者へ送別会のあいさつは明るく希望に満ちたスピーチを 送別会での挨拶・スピーチのサンプル例文


はじめに

終身雇用が一般的であった時代も、もう昔の話。20代、30代が中心であった転職も景気が回復基調にある現在では、40代、50代で転職する人も増えてきました。今や勤めている会社を辞めて、新しい会社に移る転職はサラリーマンにとって一般的になっているのではないでしょうか?

それに伴って、送別会も定年退職や女性社員の寿退社という機会だけではなく、新人社員からベテラン社員まで、幅広い社員を対象に行われるようになっています。

中途退職の送別会での挨拶要点

転職などによる中途退職送別会のあいさつは、明るく希望に満ちたものにしましょう。一緒に働いた日々の中で特に楽しかった思い出話を中心に、新しい職場での活躍を期待する内容が送別会のスピーチには望ましいです。

転職の理由は人それぞれでしょうが、中には本人の望まない理由で転職せざる得ない場合もあります。そんな時こそ、苦しい時を共に乗り越えた親しい同僚たちの励ましが、その人の力になります。

そして、挨拶の結びは、健康と幸福を心から祈る言葉とする。そんなスピーチを心がければ、送られる側の人も喜ぶことでしょう。

中途退職者の送別会でのあいさつのポイントは下記になります。

  • 心温まる励ましのあいさつを心がけましょう。
  • 相手の立場になって考え、角のたたない言葉を選びましょう。
  • 努めて明るいスピーチを心がけましょう。

定年退職者や寿退職者などとは異なり、中途退職者は退職する理由について、触れてもらいたくない事情がある場合が多いです。主催者側としてはなぜ辞めるのかという点に興味がいきがちですが、そうした話題はなるべく避けましょう。

転職退職者への送別会でのスピーチ構成

  1. 在職中の労のねぎらい
  2. 才能や手腕が称えるエピソード紹介
  3. 今後の活躍を期待する言葉

転職退職者への送別会でのスピーチは「在職中の労のねぎらい」→「エピソード紹介」→「今後の活躍への祈り」という流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることで送別会でのスピーチにふさわしい挨拶になることと思います。

送別会でのスピーチに引用したい名言

  • もし好機が到来しなかったならば、自ら好機を創り出せ(S・スマイルズ イギリスの著述家)

チャンスがなければ自分で力を尽くしてそれを創り出すべきだということ。行動的な人間であるべきだという考えである。

  • ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず(鴨長明「方丈記」 鎌倉時代の随筆家・歌人)

流れいく川の水は絶えることはないが、それは決してもとの水ではなく、常に新しい水である。それと同時に、この世の中に人の絶えることはないが、常に新しい世代に替わっているのだということ。

送別会おすすめプレゼント

ドイツで生まれたブランド「ペリカン」は、“安全万年筆”としても非常に有名で、世界中に多くの人から愛され、支持されています。ブランドの名前のとおり、ペリカンのくちばしの形をモチーフにしたクリップはデザイン的にもとても魅力です。技術的にも信頼性の高いドイツのブランドですから、大切な人への贈り物に最適です。

ミラノで設立された新進ファクトリーバッグブランド、オロビアンコ。全てのパーツをオリジナルで製作するこだわりと、イタリアメイドらしい洗練されたシルエットと配色の美しさが人気です。

中途退職者の送別会での幹事の挨拶、サンプル例文

この度、広報部で一緒に仕事をして参りました鈴木さんが今月いっぱいで退職されることになりました。そこで今夜は、鈴木さんのこれまでのご苦労を労うとともに、新たなる門出を祝う歓送会を企画した次第です。

鈴木さんのような有能な人材の退社は大きな痛手でありますが、プロのライターとしてチャレンジしたいというのは前々からの夢であったそうですので、心残りながらも、今後の活躍をお祈りして、お送りいたすほかございません。

鈴木さん、どうか健康に留意され、素晴らしい作品を生み出してください。私ども一同、鈴木さんの活躍をお祈りするとともに、その文章を目にすることを楽しみにしております。

中途退職者への送別会での挨拶(同僚)、サンプル例文

鈴木くんの送別会にあたり同僚として、一言御挨拶を申し上げます。

鈴木くんと私は、平成19年に同期で入社いたしました。依頼、お互いに営業マンとしてまた、鈴木くんはそうとは思っていないかもしれませんが、よきライバルとして、これまで苦しいこと、楽しいことを共に乗り越えてきました。

ところがちょうど1ヶ月前ぐらいでしょうか、彼からいきなり「オレ、会社をやめるかもしれない」と言われ、唖然としてしましました。聞くところによると特に会社に不満があるわけではなく、大学の友人の起こした会社が成功して、一緒に手伝って欲しいと猛プッシュを受け、さんざん迷った挙句、転職を決意したということでした。

鈴木くんのことです。決して一時の気の迷いなどではなく、自分自身で冷静に判断した結果なのでしょう。私は彼の選択を尊重し、陰ながらではありますが、応援していきたいと思います。

今後は別々の道を歩むことになるわけですが、これまでと同様ライバルとして、よき友として互いにがんばっていきましょう。