お祭り・盆踊り大会での主催者挨拶は素直に楽しく、そして短くがポイント。お祭りでのスピーチサンプル文例


お祭りの挨拶は気取らず素直に

お祭りは地域における最大とも言えるイベントですが、地域コミュニティーの変化の影響で昔に比べ、その数は減っていると言われています。

しかし、今、全国各地で、消えてしまった祭りを復活させたり、細々と継承してきた地域固有の祭りに創意工夫を加えて再び活力を取り戻そうとする動きが活発化しています。

こういった地域イベントは本来、共に楽しみながら、お互いの意思の疎通を図り、親しみを増すことを目的としたものです。

そういったイベントでは、気取ったあいさつよりも、聞く側に素直にメッセージが届くような挨拶が望ましいでしょう。

お祭りでの挨拶の要点

お祭りでの挨拶のポイントは、まず第一に話を短くすることです

お祭りや盆踊りの参加者はスピーチを楽しみに来ているのではなく、催し物を楽しみに参加しています。

主催者側としては、準備に苦労した点や楽しみにして欲しい点など、話したいことが山ほどあるのはわかりますが、そこはグッと抑えて、できるだけ簡単な挨拶にするのが望ましいでしょう。

次のポイントは明るい口調で話すことです。

お祭りや盆踊りは参加者が楽しい時間を過ごしてもらうことが目的です。

そういった雰囲気を盛り上げるためにも、この点を心がけましょう。

上記の2点を踏まえてのお祭りでの挨拶のポイントは下記になります。

  • スピーチは短く、参加者の期待感を盛り上げましょう。
  • 明るい声と調子での挨拶を心がけましょう。
  • 苦労や工夫した点には、軽く触れる程度に留めましょう。

お祭りの主役は参加者です。主催者は一歩引いて、参加者が心から楽しんでもらえるような雰囲気を出すような挨拶にしたいものです。

お祭り・盆踊り大会での挨拶構成

  1. 参加に対する感謝の言葉
  2. 開催の経過報告と協力者への礼
  3. 楽しんで欲しい気持ちの表明

お祭や盆踊り大会での挨拶は「参加者への謝意」→「開催の経過報告と協力者の礼」→「楽しんでもらいたい気持ち」という流れが一般的です。

この3点を自分なりにアレンジしながらつなげることでお祭りにふさわしい挨拶になることと思います。

お祭りでの挨拶に引用したい名言

  • 平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが、すなわち非凡なのである(アンドレ・ジイド フランスの小説家)

平凡なことを毎日系ゾックして行うことは極めて平凡なことのはずであるが、それがなかなかできない。けいぞくして 実行することは実は非凡なのだということ。

  • 大事をなさんと欲せば、小さなる事を怠らず勤むべし。小積りて大となればなり。およそ小人の常、大なる事を欲して、小なる事を怠り、出来がたきを憂ひて出来易き事を勤めず(二宮尊徳 江戸時代の農政家)

つまらない人間は、何かを行う場合、いきなり大きな目標を目指したがるものである。そしてどうしてもうまくいかないと嘆く。何事も、出来やすい、小さなところから始めるべきだということ。

子供向けお菓子セット

お祭りは子供たちにとって、待ちに待ったイベントです。子どもたちの楽しみと言えばやっぱり配られるお菓子ですよね。

昔懐かしい駄菓子がいっぱい! 大量! 130個入り! お楽しみ会や女子会などに最適! お楽しみ「おまけ」付!

”施設の文化祭のゲームの景品用に購入しました。
細々としたものを大量にお店で購入するのは、手間だし…。
色んなものが入っていて楽しめました!”

”多種多様、これだけの数を重複なくパッケージング出来るのは相当な手間が掛かるかと。
全国津々浦々転勤して歩いた自分でも初見モノがいっぱい。
掛かりましなのは経費ということで割り切れる方なら、是非どうぞ。”

段ボール箱に駄菓子満載!! 約100種類170点の駄菓子がはいっています。駄菓子1種類で多くて3個までです。飴・ガムなしとかのご要望にも対応いたしますので、ご希望があればおしらせください。

”かなりバラエティに富んだ内容で、子供からお年寄りまでじっくり選んでいかれました。
100人対象ならちょうどいいボリュームだと思います。”

”今まで見たこともなかった商品があったりして、子供たちは迷い迷いながらも選んでました。
小さな駄菓子は2,3個ずつあげたり、楽しみながらの作業でした。”

お祭りでの実行委員長の挨拶、そのまま使えるサンプル文例

皆さん、本日はわが市内の古社・浅間神社の祭礼の日です。幸い好天にも恵まれまして、願ってもないお祭り日和になり、喜びにたえません。

各町内会から出す山車は15台。そろいの浴衣にねじり鉢巻と、皆さん、すでに腕をならしていらっしゃることと思いますが、その前に、祭り実行委員長とて、一言お願いを申し上げる無礼をお許しいただきたいと存じます。

お祭りに酒はつきものでございます。ご酒を召し上がるのは結構でございますが、酒の勢いでの喧嘩だけはご法度にねがいます。当神社のお祭りは、毎年、喧嘩が多く、”喧嘩祭り”の異名もあるようですが、これは決して自慢できるものではございません。勇壮さと暴力はまったく異なります。

どうか引き手の皆さん、宮出しから宮入りまで、今年は一件の暴力沙汰も起こらないように、ご協力のほどを切にお願い申し上げます。そして、今年こそは、喧嘩祭りの汚名を返上していただきたいと思います。

色々と説教じみたことを申し述べましたが、せっかくの楽しいお祭りに水を差すつもりは毛頭ございません。どうか勇壮に、そして存分にお楽しみください。

盆踊り大会での幹事の挨拶、そのまま使えるサンプル例文

皆さん、大変長らくお待たせ致しました。今日と明日の二日間は、わが本町恒例の盆踊り大会です。

この町内で生まれ育った子どもたちに故郷意識を持たせ、住民同士の絆をより強いものにしようと企画して始められたこの盆踊り大会も、回を重ねること今年で23回目となります。これも、皆さんのおかげと、深く感謝しております。

今年も例年通り、綿菓子や焼きそばの屋台をはじめ、多数の露店が出店して、盆踊り大会を盛り上げています。どうか、ご家族そろいで広場にお集りいただき、踊りの輪の中に入ってください。

時間は午後七時から九時までと限られておりますが、踊りの輪の中で、楽しいひと時を過ごしましょう。多数のご参加を心よりお待ちいたしております。