結婚式、披露宴のスピーチでは絶対に使ってはいけない言葉まとめ




披露宴の挨拶など、お祝いの席ではつかうことが避けられている言葉があります。いわゆる、忌み言葉と言われる言葉で、よくないこと、不吉なことを思い起こさせる言葉で、特に年配の方はこの忌み言葉を嫌います。



結婚式では、「別れる」「離れる」「切れる」など、離縁や離婚などを連想させる言葉は絶対に避けましょう。また、「ますます」「たびたび」「かえすがえすも」といった表現も再婚を連想される重ね言葉と言われ、スピーチでは絶対に使わないように注意しましょう。

◆スピーチでは絶対に避けたい離縁や離婚を連想させる忌み言葉まとめ
「別れる」「離れる」「切れる」「割れる」「分ける」「去る」「終わる」「出る」「逃げる」「壊れる」「散る」「やぶれる」「さける」「ほどける」「悔やむ」「帰る」「もどる」「移る」「ほろぶ」「変わる」「冷える」「飽きる」「薄くなる」

◆スピーチ では絶対に避けたい再婚を連想させる重ね言葉まとめ
「重ねて」「重ね重ね」「ますます」「再度」「返す返す」「たびたび」「しばしば」「再三再四」「いよいよ」「ふたたび」「わざわざ」「二度三度」

しかし、スピーチの中でどうしても使わなければならない場合もあるかもしれません。その時は「仕事を離れる」でしたら、「家庭に入る」ですとか、「ケーキを切る」でしたら、「ケーキにナイフを入れる」といったように違った言い回し、言い換えをするようにしましょう。