上司として旦那の操縦術を伝授してみては。結婚披露宴での新婦上司のスピーチ例文


上司としての結婚スピーチ

管理職になると直属の部下から結婚披露宴でのスピーチや乾杯の挨拶を依頼されることも多いかと思います。

結婚披露宴での上司としての挨拶は自分の立場をよく考慮した上での内容にする必要があります。例えば、自分が媒酌人のすぐあとで祝辞を述べるのと、より目上の人の祝辞に続いて述べるのでは、口調はかなり違ってきますし、新郎新婦の同僚が出席している場合、恋愛エピソードのように新郎新婦の同僚や友人が話しそうな話題は先取りしてしますのも考えものです。

また、スピーチの内容は職場でのエピソードを交えることが大切です。新婦の能力や人柄などを新郎によく知ってもらう形で新婦の知られていない点を紹介していくのがよいでしょう。なお、わかっているかと思いますが、暴露的な内容は決して話してはいけないのが常識ですので、注意しましょう。

新婦上司としての結婚スピーチ構成

上司としての結婚披露宴での一般的なスピーチの構成は下記になります。

  1. 招待に対するお礼と祝辞
  2. 自分と本人との関係の紹介
  3. 上司として仕事を通してみた新婦の人物像
  4. 上司としての二人への希望
  5. 新郎新婦、両家の繁栄を祈る言葉

新婦上司の結婚スピーチに引用したい名言

  • 男が家庭を持ちたいってのは、思いきり阿呆にになれる場所がほしいからだ。(川端康成「化粧と口笛」 昭和期の小説家)

男は家庭に精神の安らぎを求める。阿呆になれるということは一切の飾りを施さなくともよい状態のことである。

  • 結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ(T・フラー イギリスの聖職者)

結婚前には相手をよく観察すべきである。しかし、結婚後は、細かいことを一々咎立すべきではなく、寛容の精神が必要だと言っている。

新婦上司の結婚披露宴でのスピーチ、サンプル例文

本日は大変おめでたい席にお招きを頂戴いたしまして、ありがとうございます。先程、ご紹介頂きました東海商事の吉田と申します。

どんな職業にも奥義というものがございます。職人には職人の、セールスマンにはセールスマンの、それぞれ、傍目にはうかがい知れぬ秘訣といいますか、職業の秘密みたいなもので、昔の忍術使いで言いますと、いわゆる虎の巻というやつです。もっとも、なんとか奥義を知ろうと思って師匠の虎の巻を見たら、中は真っ白け、何も書かれていなかったという笑い話もございます。

しかし、案外、この笑い話に真実味があるのは、職業上の秘密というのは言葉で伝えようにも伝えられない、本人が身体で覚えこむしかないという現実が背景にあるからではないでしょうか?ところで夫婦円満の秘訣などというものも、これと似たようなもので、本人同士が実体験する意外、誰も教えてくれるものではありません。

私の妻に言わせますと「亭主とハサミは使いよう」なのでそうで、亭主というのは、うまいことおだて上げてコキ使うのが一番だそうです。そのための作戦として、妻というのは最初から「無能宣言」をしておくといいらしいです。「電球も変えられません。棚も吊れません。私にできるのはあなたを愛することだけよ」というわけです。

総宣言しておいてあとは亭主に甘えたり、おだてたり、泣きついたりすれば、全て亭主が働いてくれるという寸法です。なんのことはない、女性というのは、優しさを武器に男性を操縦する魔法使いではありませんか。しかし、それで世の中の家庭が丸く治まっているなら、それに越したことはありません。かくいう私もすっかり妻の魔法に操られているようなあんばいです。

楓さん、これからは、しっかり男性操縦の秘儀を勉強なさって、新郎を意のままに操ってください。但し、その魔法の源泉が愛であることをお忘れなく。