スピーチでの緊張を和らげるとっておきの方法


いざ、スピーチの場に立つと緊張のあまり頭が真っ白になり、覚えたはずの原稿が思い出せない・・・。

よく聞く話ですが、スピーチや挨拶を控えている皆さんにとっては想像もしたくないシチュエーションですね。

ある意味、スピーチをする前に緊張するのは当たり前のことです。数々の講演をこなしている方でもスピーチの時間前は本当に緊張すると言います。

私は極度の緊張の中でも自分の言いたいことを相手に伝えるのには、そのスピーチをトコトン練習するしかないと思っています。あのプレゼンの神様と言われたアップルのスティーブ・ジョブズも発表前にはプレゼンのリハーサルを入念に重ねたそうです。

皆さんも決してぶっつけ本番なんてことはせずに、実際の会場、場面をイメージして練習してみて下さい。

しかし、いくら練習してもスピーチ直前はアガるもの。

  • 水を飲む
  • 深呼吸をする
  • 手のひらに「人」という字を書いてそれを飲む真似をする
といったことをするとよいと言いますが、要するに緊張をほぐして気分をリラックスさせることが一番です。

そのために一番おすすめなのは、スピーチの初めに、「私、こういった機会に慣れていないものですから、大変アガっています」と最初から白状して開き直ってしまうことです。

経験上、のっけから緊張していることを宣言してしまうと、気分が楽になって話がスムーズにいくことが多いですし、スピーチを聞いてくれている方もサポートしてくれたりもします。

また、原稿を手元に持っておくといざという時は原稿を取り出して読めばよいので、気持ち的に安心感が生まれてよいでしょう。