冬の結婚スピーチ、切り出し文句のパターン5選


新郎、もしくは新婦が自分の部下の場合、切り出しに季節感を取り入れた挨拶をするとその後のスピーチがスムーズにいきます。

かなり形式的ではありますが、いくつかのパターンを覚えておくと、便利でしょう。

そこで、冬の結婚スピーチに使いたい切り出し文句を紹介します。

  • 天も地も純白に清められて、一点の汚れもないこの佳き日
  • 白は純潔のしるしと申します。本日の雪は、新婦の純潔をたたえて天が降らしめたものでありましょう。
  • 寒さも一段と厳しさを増して参りましたが、この会場だけは、田中くんと花子さんのお二人の熱で、十分、温まっているようでございます。
  • 冬来たりなば春遠からじと申しますように、大地の下ではしでに芽吹きの準備が始まっております。
  • 今夜、オリオンの楯もお二人を祝福するようにすがすがしい光を放っております。

このような切り出し文句を自分なりにアレンジして、その後のスピーチに繋げていけば、年配者としてまとまったスピーチになると思います。